Frankenstein

チラシ表.JPG
チラシ裏.JPG

原作|メアリー・シェリー
フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』
  演出|小濱昭博​(チェルノゼム/劇団 短距離男道ミサイル)

“ヴィクター・フランケンシュタイン”は、ある夜、禁忌とされる生命の創造を遂に成功させた。

ところが、彼の創造物はあまりに恐ろしい態をした“怪物”であった。ヴィクターはその悍ましい怪物から逃亡し、もとの平穏を取り戻そうとするが、怪物は憎しみのままにヴィクターを追い回し、彼の周りの人間を次々と害してゆく。

そして、いよいよヴィクターと対峙した怪物は、ある恐ろしい提案を持ち掛けるのだった。

​自ら撒いた呪いの種に苦悩する創造主と、己の存在に苦悶する被創造体の生涯を描いたゴシック小説の金字塔を、名優の濃密な二人芝居で現代に再生する。

 出演 
 

ヴィクター|福原 冠

(プリッシマ/範宙遊泳/さんぴん)

神奈川県出身。プリッシマ、範宙遊泳所属。明治大学文学部演劇学専攻在学中に演劇活動を開始。2015年には、同世代の俳優と演劇ユニット「さんぴん」を旗揚げした。近年の出演作は、【舞台】『ネバーマインド』(額田大志演出)、『うまれてないからまだしねない』『バナナの花は食べられる』(山本卓卓演出)、『HAMLET-ハムレット-』(森新太郎演出)、『グリークス』(杉原邦生演出)、『人類史』(谷賢一演出)、【TV】『ムジカ・ピッコリーノ』(NHK Eテレ)など。本年2月には『シラノ・ド・ベルジュラック』(谷賢一演出)に出演。映画、ラジオ、DJなどでも活躍している。

怪物|小菅 紘史

(第七劇場)

1981年生まれ。東京都出身。桜美林大学演劇コースにて演劇活動をはじめる。2008年から第七劇場に所属。以降、所属俳優としてほとんどの作品に参加。代表作は「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「山月記」など。2013年より三重県津市の里山に拠点を移し、国内外で活動する。趣味の登山はライフワークになりつつあり、演劇と同様に人生を眺めるふるまいの一つとして目下勉強中。近年は、音楽家でありチェリストの中川裕貴と一緒に、音と身体がからむ表現の可能性を模索している。

​ 日程・会場 
 

2022年3月26日(土)

14:00-   18:30-

3月27日(日)

14:00-

※開場は開演の30分前

 

エル・パーク仙台6F ギャラリーホール

​ チケット販売 
 

【収録映像配信特典付き】

前売り(一般)|4,200円

前売り(U-22)|3,000円

※U-22ご購入のお客様はご来場時に22歳以下であることを証明できる身分証をご提示ください

配信に関して、劇場の通信状況を検討した結果、「LIVE配信」ではなく

「収録映像」の配信をすることに致しました。

それに併せて、前売りチケット購入者様全員に特典として配信が追加料金無しで

ご覧いただけるようになりました。

映像作品としての「Frankenstein」をぜひお楽しみにお待ちください。

※ 配信は4/9-18の期間を予定しております。

※ ご来場が難しく、「配信のみ」を希望する場合でも、任意の日時でご来場チケットをお求めください。

当日券|5,000円

​※ 当日券には配信特典がありません。配信をご希望のお客様は前売り券をお求めください。

​ スタッフ 
 

企画・運営|武田らこ

舞台監督|わたなべひでお

舞台美術|松浦良樹

照明|高円敦美

音響|本儀拓(キーウィサウンドワークス)

音楽|山本菜摘

小道具|髙橋舞(趣味屋こめたろう.)

衣装|わしこ

収録・配信|佐々瞬

制作|志賀彩美(演劇ユニット 箱庭)

 

助成|公益財団法人 仙台市市民文化事業団(持続可能な未来へ向けた文化芸術環境形成助成事業)